今日からまた歯医者さん通い


また、歯が欠けちゃったんですよ。偽物の歯なら、次の検診の時まで放置でもいいんですが、欠けてしまった歯は自前の歯なので、そう悠長なことも言っていられません。いくら歯医者さんが昔みたいに乱暴じゃなく、痛みや不快感を軽減して治療を進めてくれると分かっていても、やっぱり、嫌いなものは嫌いなんですよね。

歯医者さん嫌いは克服したと思っていたのですが、やっぱり、歯医者さんは苦手なようで、妹のように毎月、歯垢を落としに通うなんていうことは私には出来そうもありません。

それに、毎月、歯垢や歯石を取っていたのに、妹は虫歯になったんですよね。虫歯予防のために通っていても、虫歯になるのなら、通う意味ないですよね。私も妹も子供の頃から歯が弱くて、歯医者さんとは縁が切れないんです。

 

時々、思うんですよ。私は歯の治療にいったいいくら使ったんだろうって。子供の頃からこの年まで、歯医者さんのお世話にならなかったことはなく、前歯は模造品だし、その他の歯も残っているのは根っこだけとか、神経を取ってしまって、歯の形に形成させているだけとか、まったく治療したことのない歯の方が少なくて・・・

そして、治してもらった歯もすぐに欠けたりして、また歯医者さん通いが始まるんですよ。今回、欠けたのも治療済みの歯ですからね。

半年に1回、歯の定期検診があるのですが、半年間、歯医者さんのお世話になることがなかったことは、ほぼ皆無と言っていいでしょう。半年どころか1ヶ月後には、せっかく治療してもらった歯が欠けたりして、歯医者さん通いが始まるんですからね。本当に、恥ずかしくなってしまいます。

それに、せっかく治療してもらったのに、また、同じところを治療してもらうのは申し訳ない気がするんですよ。毎日、ゴシゴシと歯磨きをしているのに、どうして、こうも簡単に虫歯になってしまうんでしょうか。

 

今日の午後、夕方の予約なのですが、今から心は晴れません。それでなくてもテンションンが落ちてきて困っているところに、大嫌いな歯医者さんがプラスされているんですよ。それが自分のためになるって分かっていても、やっぱり憂鬱な気分になりますよ。

それに、欠けてしまった歯は1本だけじゃないんです。また、年を跨いで歯医者さん通いが続くんでしょうね。痛みがないので、尚更、行くのが嫌になります。痛くなってからでは手後れなのですが、どうしても引き延ばしたくなってしまうんですよね。

どんな風に治療するのか、治療方針は分かりませんが、おそらく偽物の歯は全部外して、型を取って作り直しになるんでしょうね。もう、ドリルの音を想像するだけで逃げ出したい気分になります。逃げないけど・・・

いい加減な歯磨きしかしていない人でも、虫歯とは無縁な人がいるっていうのに、本当にとほほ・・・って気分ンです。せめてテンションが元の水準まで引き上げられていてくれていたら、もうちょっと、楽かもしれませんが、これは言ってもしょうがないことですよね。

スポンサードリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。