梅雨にうんざりしてる

いくら梅雨だと言っても、以前は梅雨の晴れ間で晴天になる日も少なくなかった。ところがここ最近はどうだ。日照時間が極端に少ないと感じる。しかも、災害をもたらす豪雨になるから始末が悪い。

私の住んでいるところは、河川からは離れているし、浸水することはないと思うが、今回の梅雨でも豪雨になって甚大な被害が出ている場所もある。天災の前に人間はあまりにも無力だ。

甚大な被害が出なくても、毎日、鬱陶しい天気が続くとうんざりする。気圧のせいか、珍しく喘息も出た。洗濯ができなくて、コインランドリーに行く羽目になった。この分だと、もう1回、コインランドリーのお世話にならないとダメだろう。週間予報を見ても、晴れる日は1日もないから。

長梅雨も空梅雨も困る。でも雷を伴った豪雨って、いったい・・・

これじゃ、スコールのようだ。地球温暖化の影響で、日本の気候は少し、おかしくなっているんじゃないのか。専門家によると、地球は氷河期に向かっているらしいけど、そんな気配はまるでない。夏は死ぬほど暑く、冬は暖冬になる。地球温暖化の原因が二酸化炭素だということは、間違いないのか?

そういったことには、まったく詳しくはないが、気圧の変動で体調が優れなくなるのは勘弁して欲しい。メンタルもやられる。人間、お日様の日を浴びないと、ダメみたいだ。

もともと、引きこもりがちなので、雨で外出ができなくて困るということはない。コロナ禍のための外出自粛も苦ではない。ただ、来る日も来る日もどんよりした雨雲が広がっていて、時には激しい雨が降り続く現象が我慢できない。

洗濯ができないのもイライラする。幸い、車で少し走れば、大きなコインランドリーがあるから、いざとなったらそこに向かえばいいって思えるだけの精神的余裕があるからいいけれど、何も考えずに洗濯物を出して行く家人たちに腹が立たないわけでもない。

湿度が高くて、家中、カビだらけになっていくのも困る。窓を開けたくても、お隣から丸見えなので、この家に引越して来てから、リビングの窓はカーテンを閉め切って、1度も開けたことがない。しかも、和室以外、窓は全て出窓だ。雨が強くても、風が強くても雨戸もないのだ。

豪雨警報が出ても、どうしようもない。梅雨がなければ困ることは重々承知しているが、たまには晴れて欲しいと思う。梅雨の雨らしくしとしと降るなら、まだ、可愛げがあるかもしれないが、叩きつけるような雨は御免蒙りたい。

台風も来ていないのに、梅雨の雨で人が亡くなっている。多くの人達が避難を余儀なくされている。最近の気候はやはりおかしい。梅雨だから、曇り空は当たり前なんて呑気なことは言っていられない。

これだけ、毎日、雨が続くと、本当に梅雨が明ける日が来るのか不安になる。戻り梅雨なんていうものもある。もう、十分過ぎるほど雨は降ったと思うんだが、まだ、足りないらしい。

梅雨が明ければ、本格的な夏が来る。今年も猛暑になるんだろう。新型コロナウィルス感染防止のためのマスクが、さぞかし暑くて、マスクのせいで熱中症を引き起こす人も出てくるだろう。いったい、いつになったらコロナ禍は終息するのか。

これは、梅雨が明ける、明けない以上に重大な問題だ。雨は嫌だ。新型コロナにも感染したくない。まったく、なんて年だ。地球全体が厄年にでもなったのかっていう感じだ。

今日も、お天気は悪い。梅雨の季節はいつも憂鬱だが、せめて梅雨の晴れ間が欲しい。そうすれば、少しは気も晴れる。もう、雨はいい。雷もいらない。これじゃ、除草剤も撒けない。本当にうんざりだ。梅雨明けを心から待ち望む。

スポンサードリンク


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。