ソワソワして集中力が続かない

おそらく、ソワソワして集中できないのはリスパダールを減薬中だからであって、症状が重くなったとか、そういうことではないと思う。日常生活にさして影響のあるものではないので、減薬は続けているけれど、断薬する勇気はまだないな。

ひとつ、ひとつ、薬を外していって、そのうち、全ての薬を飲まなくても困らなくなるのかもしれないけど、そう簡単にはいかないだろうっていうことは、なんとなく分かっている。

先ず、不眠症が解決されていない。眠剤を飲んでも早朝覚醒する。常に緊張状態で、眠剤なしでは眠りにつくのも難しい。他の薬に関しても、簡単に減らせばいいっていう問題じゃないだろう。薬を外すことによって寛解が遅れるケースだって考えられる。だから、減薬、断薬は慎重に進めなければならない。

しかし、集中力の低下には参った。落ち着かないから、ガッツリ何かにとりかかることができない。何かをやっていても、他のことを始めてしまう。テレビもしっかり見ることができないし、考えをまとめるのも難しかったりする。

これらの、全てがリスパダールを減薬している影響なのだろうか。それとも、他に原因があるんだろうか。とりあえず、以前、断薬した時のようなイライラ感は感じない。イライラの代わりにソワソワだ。そして、やる気が起きない。張り切って何かをしようという気にならないのだ。

それなのに、何かをしていないと落ち着かない。困ったものだ。

もともと、私が飲んでいたリスパダールの量は多くない。それでも、感情の起伏が抑えられて、喜怒哀楽を感じ難くなってしまった。半量になって、喜怒哀楽を取り戻せたかというと、実のところ分からない。相変わらず感情はフラットだ。

たったこれだけの量のリスパダールで喜怒哀楽が抑えられるとは、到底、思えない。他の薬の影響もあるのだろうか。私はずっと、リスパダールのせいだと思ってきたけれど、案外、そんなことはなかったのかもしれない。

リスパダールは感情を抑え込む作用があるから、浮上しようとする精神の邪魔をするらしいけれど、減薬してもテンションは上がらないし、感情の起伏も代わりがない。いや、もしかしたら、物事を冷静に捉えるだけの余裕があるだけで、感情は抑え込まれていないのかもしれない。

目に見えない心の病は厄介だ。自分のことなのに、よく分からない。他人から、変わったとも言われないし、自分で冷静に自己分析ができるわけでもない。憂鬱になるのは、減薬のせいなのか、天気のせいなのかも分からない。

私は精神科との付き合いも長いし、症状が落ち着いてから、まだ間もないけれど、今の薬に変更されてから、生きているのって、こんなに楽だったんだって感じた。子供の頃から抑圧されていたから、死にたいがデフォルトで、自分を傷つけるのは当たり前の行為だと思ってきた。

今は、自分を傷つけようとは思わないし、希死念慮も顔を出すことは殆どない。家庭の空気はピリピリしているけれど、それ以外は平穏だ。生きていることを楽しとは思えないけれど、粗末にする気にもなれない。

ドクターが最初にリスパダールを切ることにしたのは、おそらく、1番、影響が少ないという判断からだったのだろう。最初から処方は少ないし、その分、効果も薄いから、減薬するには丁度良かったのかもしれない。でも、減薬しても喜怒哀楽が取り戻せた気がしないのは、何故なんだろう。

感情を抑えつけているメインの薬ではないからだろうか。リスパダールが無くなったら、感情も戻ってくると思てきたけれど、どうやらそういうことはないらしい。今は、ソワソワとして集中できずに、何もする気が起きないのと、何かをしていないと落ち着かない感情の戦いのさなかで、私の中はかなり騒々しい。

もうしばらくしたら、完全にリスパダールを切ってみようと思う。また、息もできない程のイライラに襲われるかもしれないけど、少しずつ薬を減らすことを考えないと、自分が寛解したかどうかも分からないからね。

スポンサードリンク


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。